の→こと

❌ 子どもの頃から、競争のために一生懸命勉強するは必要である。
☑ 子どもの頃から、競争のために一生懸命勉強することは必要である。

❌ 背の高い人が羨ましい。しかし、背が高ければ高いなりに頭をぶつけるは多い。
☑ 背の高い人が羨ましい。しかし、背が高ければ高いなりに頭をぶつけることは多い。

❌ 先生と相談した上で、修論のテーマを変えるに決めた。
☑ 先生と相談した上で、修論のテーマを変えることに決めた。

⭐ 人間という生きている理性のあるものは、自分はどうしても最後は死ぬというをわかっているからこの死ぬと終わるこということを否定したいに違いない。
☑ 人間という生きている理性のあるものは、自分はどうしても最後は死ぬということがわかっているからこの死ぬと終わるこということを否定したいに違いない。

❌ 徹夜して企画書を作ったところで、明日までに終わるはできないだろう。
☑ 徹夜して企画書を作ったところで、明日までに終えることはできないだろう。

❌ 人にやさしく他人の事を先に考えるのは、大切なだと思っている。
☑ 人にやさしく他人の事を先に考えるのは、大切なことと思う。

When to Use こと/の

こと
~が必要が
~が多い
~に決める
~を考える
~がわかる
~ができる ×
~だ/である ×

◯:suitable
?:normally cannot use
△:also acceptable

のは→なら

❌ 常用の辞典でありませんから、お役に立つのは、貸してあげてもいいです。
☑ いつも使っている辞典ではありませんから、お役に立つなら、お使いください。

This is just a simple mistake of nominalizing a phrase versus using a hypothetical. See なら for more information.

のは→と/たら

❌ モンゴルに「たばこを吸うのは五歳(寿命が)短くなる、酒を飲んだ十歳(寿命が)短くなる」ということわざがあります。
☑ モンゴルに「たばこを吸うと/吸ったらは五歳(寿命が)短くなる、酒を飲むと/飲んだら十歳(寿命が)短くなる」ということわざがあります。

The nominalized phrase is meant to be a conditional instead of just talking about a fact about the phrase. See and たら for more information.

のが→てから

❌ 彼女に知っているのがまだ半年ぐらいですが、なかなか良さそうな人ですね。
☑ 彼女に知り合ってからまだ半年ぐらいですが、なかなか良さそうな人ですね。

Instead of expressing the first phrase as “knowing the girl,” it should be “after knowing the girl.” Therefore, 「てから」is appropriate.

て→の(は)

❌ 日本語を話してはおもしろいです。
☑ 日本語話すのはおもしろいです。

❌ 毎日同じことをしたり、同じことを見たり、同じところに住んでいてつまらないと思いますか。
☑ 毎日同じことをしたり、同じことを見たり、同じところに住んでいるのはつまらないと思いますか。

The mistakes here may be because of the ~ing construction in English is used to translate these particles.
Talking (verb) vs Talking (gerund [noun]), and Living (verb) vs Living (gerund [noun]). If you’re unfamiliar with English grammar terms, I recommend reviewing or learning about it, because how do you expect to learn something you can’t understand in your native language (if you’re a native English speaker). The Wikipedia page on the topic is more than enough to understand. If that’s still to hard, the Simple English Wikipedia page may be helpful. I also have a few links in The Resources.

Points to Note

You cannot use の in the various expressions: (「ことができる」「ことがある」「ことにする」「ことになる」など)These are separate grammar points.


Don’t confuse 「~のだ/です」for 「~ことだ/です」when they appear at the end of a sentence.
例:趣味は映画を見る{×の/◯こと}だ/です。


The construction 「~のは~だ」is used for emphasis and should be learned separately from simple nominalization.