を may seem like a simple particle (which it is) in simple sentence structures, but a lot of Japanese learners can still make simple mistakes, especially when delving into words that look like they use を (when comparing to English grammar of transitive verbs and direct objects) but actually don’t. Let’s go though both simple mistakes and advanced. We’ll go through common mistakes using を when other particles should be used: は、も、が、に、から、の、でも、について、か.

❌ ピザ、食べる?
☑ ピザ、食べる?

Like with は and が, particles are often dropped in common speech, like in the first example about eating pizza. However, beyond casual speech, there is also another reason. If we include を in ピザを食べる?, then the question would translate to “Do you eat pizza?” rather than “Do you want to eat pizza?” when talking about what kind of food you would like to eat.

❌ それしか食べていないといっても、そんなに少なくありませんね。
☑ それしか食べていないといっても、そんなに少なくありませんね。

This example is much easier. When using しか, it takes the place of を and cannot be added to it.

❌ レポートを明日までに提出しなければならない。
☑ レポートを明日までに提出しなければならない。

This one may be a bit tricky because some verbs use をする whereas others use する. Be careful. However, を is already attached to レポート at the beginning of the sentence, so one may be forgetful that を was already used anyway. There can be more than one を within the same clause but only for certain expressions.

を and は

A:田中さんはビールを飲みますか?

❌ B:いいえ、ビール飲みません。
☑ B:いいえ、ビール飲みません。

While the mistake in this example isn’t technically grammatically incorrect, the use of を instead of は isn’t natural and carries a different nuance. Like in my article about は, it is more appropriate to use は when comparing or contrasting.

❌ 小さい子供ではあるまいし、自分の洗濯物自分で洗いなさい。
☑ 小さい子供ではあるまいし、自分の洗濯物自分で洗いなさい。

This one is a rather complicated. The speaker doesn’t want to just say 「洗濯物を洗いなさい」”do the laundry,” but also 「自分のことは自分でやりなさい」”do your own things by yourself.” So using the form of 自分のこと, in our case 「自分の洗濯物」, the speakers suggests to show some intention in doing your own laundry and that you shouldn’t be told to do so, so は is the correct particle here. To further expand, much like in the example about drinking beer, は is used because it contrasts what the speaker asked. In the laundry example, it is not so much contrast but a negative sentence. Typically in sentences that show affirmation or refusal (contrast), は is used over を.

を and も

❌ スーツ買えたし、面接に関する問題したし、面接の準備はしてあります。
☑ スーツ買えたし、面接に関する問題したし、面接の準備はしてあります。

There are two problems here, so を can’t be used. It would also be incorrect to use を、を even more so than を、も as shown in the incorrect example.

❌ 寒くなったとはいえ、コート3着を着るまでもないだろう。
☑ 寒くなったとはいえ、コート3着を着るまでもないだろう。

The speaker of this sentence wants to say 「コートを3枚着る」”tried on three coats” but also express 「3枚(着)も着る」combined into a single phrase rather than saying something like 」コートを3枚着て、3枚も着る」。Although redundancy is used in Japanese quite frequently to emphasis a point, this example is the opposite of that rule. Therefore, 「コートも3着を着る」is the best and shortest way to convey the meaning that the speaker wants, and it happens to be the most natural.

を and が

❌ 僕はテニス出来ます。
☑ 僕はテニス出来ます。

❌ ピザ食べたい。*
☑ ピザ食べたい。

できる always gets ~が. ~をできる is unnatural. In the second example it can be used both ways:「~を/が食べられる」。が is technically correct, but を is often seen, especially with younger Japanese speakers. It’s similar to “lay down/lie down” in English. “Lay down” is the way the majority of English speakers say the phrase even though it’s technically* incorrect in regard to prescriptive grammarians. Here are some examples to help reinforce this pattern:

「~を/が見られる」
「が見える」「が見てとれる」を cannot be used with 見える

❌ ドイツ語の勉強は面白い。そして、ドイツを内国を旅行する時、勉強したドイツ語役に立つ。
☑ ドイツ語の勉強は面白い。そして、ドイツを内国を旅行する時、勉強したドイツ語役に立つ。

❌ 最近韓国語進歩しない上に、日本語の言葉も忘れる。
☑ 最近韓国語進歩しない上に、日本語の言葉も忘れる。

These examples are simply the result of not understanding the difference between 自動詞 and 他動詞.

❌ 日本語分かる。
☑ 日本語分かる。

Sometimes it may be difficult to know whether or not to use を or が, as shown in the last example. 分かる always takes が, but when novice Japanese leaners translate to English, of course it’s hard to understand. In English, “to understand” is a transitive verb with a direct object. The meaning of the sentence remains the same in Japanese, but the function changes. The next several examples show this difficulty between を and に.

を and に

❌ 明日出発する海外旅行の準備は完ぺきにやってあると思ったそのとき、パスポートがないこと気付いた。
☑ 明日出発する海外旅行の準備は完ぺきにやってあると思ったそのとき、パスポートがないこと気付いた。

❌ 倒れた騎士が試合負ける。
☑ 倒れた騎士が試合負ける。

❌ ゼミでは新人だから、自分の考えが正しいと思っても、まず先輩たちの意見賛成しないではすまない。
ゼミでは新人だから、自分の考えが正しいと思っても、まず先輩たちの意見賛成しなければならない。

❌ アメリカ旗は、アメリカにとって大変重要である。だから使う時には、いくつかルール従う必要がある。
☑ アメリカ旗は、アメリカにとって大変重要である。だから使う時には、いくつかルール従う必要がある。

❌ 結婚式参加しただけでなく、スピーチも頼まれた。
☑ 結婚式参加しただけでなく、スピーチも頼まれた。

The verbs「気づく」「負ける」「成功する」「従う」「参加する」and many others take に as their 対象(target or object in English, but some may confuse this with the term direct object, which results in the mistake with using を). Don’t make the association of 対象=を.

❌ 日本にいるうちに、日本舞踏をはじめ茶道や花道などいろいろな文化を体験したいと思っている。それに、たくさんの日本人友だちになりたいのである。
☑ 日本にいるうちに、日本舞踏をはじめ茶道や花道などいろいろな文化を体験したいと思っている。それに、たくさんの日本人友だちになりたいのである。

Similarly と and を also get confused when talking about 相手. One may thing make friends or become friends would use を or even が, but Japanese uses と because becoming friends requires two parties rather that one person doing an action.

❌ 小学生の時、風邪を引くと、おばあさんは時々寺へ行って「神」書いてある紙を一枚焼いて持って帰ってきてくれました。そしてそれを水と一緒に飲まされました。
☑ 小学生の時、風邪を引くと、おばあさんは時々寺へ行って「神」書いてある紙を一枚焼いて持って帰ってきてくれました。そしてそれを水と一緒に飲まされました。

と should be used to to quote rather than を which is more general and not exact. と may not be seen as often with 書く as much as other verbs like 言う or 思う, but it is used.
日本語を書く=To write Japanese
日本語と書く=To write “日本語”

❌ 10年ぶりに友人会って、嬉しかった。
☑ 10年ぶりに友人に/と会って、嬉しかった。

に=met the friend (by chance)
と=met with the friend

This is another mistake of 対象=を.

を and から

❌ ある日、中国の官僚は中国の北から南へと、敵軍逃げて、香港の北部に行って、そこに住み着いた。
☑ ある日、中国の官僚は中国の北から南へと、敵軍から逃げて、香港の北部に行って、そこに住み着いた。
That day, a Chinese bureaucrat escaped from enemy troops from from Northern China to the South, and then went to the northern part of Hong Kong and settled there.

逃げる doesn’t take the particle を. In this example, it’s a bit tricky. It could be rewritten like this:
ある日、中国の官僚は中国の北から南へと逃げて、香港の北部に行って、そこに住み着いた。The main particle 逃げる often takes is へ when saying “escape from _.” へと is the combination of two particles. When you want to express movement from or two someone, and a specific route, using を is difficult, and へと is the natural way to do it. The nuance distinguishing へ and へと is complicated to understand, but think of it as this, へ is general and へと is more specific. They do mean the same thing but with a different nuance. In most cases, the meaning will be understood regardless of which particle you use. Looking at our example, へと expresses that the bureaucrat went from north to south (not directly in a straight line)–the bureaucrat may have gone southwest and then southeast, and maybe a little north again, but eventually got to the south. Simply using へ would not express this unpredictability. Here is a more in-depth explanation from the 明鏡国語辞典

へ‐と〘連語〙
動きの方向を表す。「京都─向かった」「終章─読み進んだ」 「へ」よりもさらに動きの方向性が強い。 地点を表す語に伴った「に」や「へ」は、移動の経路を表す「を」とともには使いにくいが、「へと」では自然である。

山道を △ 麓ふもとに[麓へ]降りた→山道を
○ 麓へと[麓の方へ]降りた

大通りを △ 駅に[駅へ]走っていく→大通りを
○ 駅へと[駅の方に]走っていく
◆格助詞「へ」+格助詞「と」。

を and

❌ 形といい色といい、文句つけようがない。
☑ 形といい色といい、文句つけようがない。

The ~よう suffix changes the word into a noun, which is why the sentences ends in ~がない. Therefore, の is used. This is a simple sentence construction that’s easy to remember. 「名詞+の+~よう」Here are other common examples: 「ものの言いよう」「頭の使いよう」

を and でも

❌ わかりました。あなたの頼みとあれば、どんなことしてあげる。
☑ わかりました。あなたの頼みとあれば、どんなことでもしてあげる。

でも shows the scope of things, which can amount to anything, whereas を shows one specific thing. More examples that may be more obvious「どこでも/どれでも/どんなことでも/何でも」

を and について

❌ 出発に際して、旅行の安全注意しておく。
☑ 出発に際して、旅行の安全について注意しておく。

注意する has two meanings. The first is to warn someone or to give advice. This case uses を. The second is to be careful about, or to bear in mind, which cannot take を and takes に and sometimes について instead.

Here are some more examples to understand this more:
この一章注意して読め=Read the chapter carefully (advice)
身体注意せよ=Take good care of your health! (This may seem like a warning or advice. Try to see why に is used here instead of を)
風邪引かないように注意してね=Be careful (that) you do not catch cold. (warning and advice)
火の元注意する=be careful with fire (to bear in mind)

を and か

❌ すみません、明日の夜、何予定がありますか?
☑ すみません、明日の夜、何予定がありますか?

「~に~がある」In this kind of sentence pattern, you can never attach を. That’s the simplest and best way to not only explain this but to also remember it. Of course 何か means something, and that may help with remembering not to use を in this case.

Points to Note

Verbs with different 対象:
「が」:わかる、できる、見える、聞こえる、など
「に」:合う、気づく、勝つ、負ける、賛成する、従う、参加する、など
「と」:~と友だちになる
「から」:逃げる、逃(のが)れる、など


Words that replace を
しか、さえ
Words that can attach を
だけを、ばかりを


You don’t use numbers + verbs with a single particle (x3着着る)


「~と書く」shows exactly what you are writing