だけしか

だけしか→だけ

❌ ほとんどの人が帰ったが、彼だけしかが教室に残っている。
☑ ほとんどの人が帰ったが、彼だけが教室に残っている。

「だけしか」needs to be paired with a negative verb.

だけしか→だけが

❌ 慶應には日本人の学生だけしかいない。
☑ 慶應には日本人の学生だけがいるのではない。

This speaker wanted to say 「~(だけがいる)のではない」but used 「だけしか」by mistake, which completely changes the meaning of the sentence (because the のではない) is the important part.

だけしか→だけ/しか

⭐ あのケーキは子供だけしか好きではありません
☑ あのケーキは子供だけが好きです/しか食べません

Although not grammatically incorrect, using 「だけしか」would have a meaning like 「子供以外、皆あのケーキが嫌いだ」
「だけしか」is too strong to use here.

だけしか+肯定→だけしか+否定

❌ 田中さんは、この試験は難しくて、最初の問題だけしかできると言いました。
☑ 田中さんは、この試験は難しくて、最初の問題だけしかできなかったと言いました。

「だけしか」needs to be paired with a negative verb.

だけしか+否定→だけ+肯定

❌ 日本の大学院に入るためには、面接だけしか受けない
☑ 日本の大学院に入るためには、面接だけを受ければいい

While this example is grammatically correct, it carries a nuance like 「不当に少なすぎる」、which means it’s incorrect. Many learns don’t know that 「だけしか」usually carries a negative nuance (and emphasis) compared to だけ or しか.

Points to Note

「だけしか」「しか」:both need「否定」



「だけしか+否定」:has a nuance like 「不当に少ない」「少なすぎる」.
In other words, you should not use this if you want to say something positive.